岩本 真也

by seppen
Shinya Iwamoto

岩本 真也

得意なことを活かせる場所

2018年入社
工事本部 東日本工事部

「やっぱり、やりたかった」施工の仕事へ

 私は、大阪出身で、高専に通っていました。高専では土木・都市計画系の研究をしていましたが、当時アルバイトで水泳のインストラクターをしていて、これを仕事にしようと考え、高専を辞めました。しかし次第に周りが大手のゼネコンや組織設計などに内定が決まるのをみて、自分ももう一度勉強したいという意欲が高まり、東京に出て土木系の専門学校の夜間コースに通うことになりました。この学校には毎年、大手ゼネコンをはじめ、多くの建築関係の企業が会社説明会にきており、その中に三誠もありました。今でも忘れないのは、三誠が一番熱心に学生とコミュニケーションを取っていたことです。とても印象が良かったため、私は三誠しか受けませんでした。

 幸運なことに内定をもらうことができ、入社までの間アルバイトをさせてもらうことになりました。もちろんアルバイトなので、大きな仕事をさせてもらうということはありませんでしたが、社員の人に一つ一つ丁寧に教わりながら仕事をしていたので、入社後もスムーズに業務に就くことができました。入社前に社員の方々と触れ合うことができたのも良かったと思います。皆家族のようにアルバイトの私を迎え入れて下さいました。社内に阪神タイガースのファンが集まる飲み会があるのですが、アルバイトの頃から参加させてもらっています。

常に「何か」を創り出す空気感

 入社後は、希望していた施工管理職に配属が決まりました。現在の仕事に高専や専門学校で学んだことがとても役に立っています。やりたいことをやらせてもらえる社風だということを入社前に聞いていましたが、まさにそうだと感じました。会社には中途採用で他の会社からきた人達もたくさんいます。社長がヘッドハンティングしてきた優秀な方などもいて、イノベーティブな雰囲気が社内に満ち溢れており、毎日楽しく仕事をしています。私は現場にも出るので、休日に体調を整えることが非常に重要です。その点においても三誠は休みがしっかり取れるだけでなく、会社が常に社員一人一人に気を配ってくれるので、非常に働きやすい環境だと思います。

Related Articles